本文へ

永平寺町

めぐる感動 心つながる清流のまち えいへいじ

文字の大きさを変える

フォントサイズ標準 フォントサイズ中 フォントサイズ大

配色を変える

背景標準 背景黒 背景青 背景黄

農林・漁業

九頭竜川の鮎釣り・サクラマス

 
九頭竜川の鮎釣り・サクラマス

源を白山山系に発し、流程延長116キロ、水量豊かな清流大河・九頭竜川。

産業建設部門 農林課
最終更新日:2013年10月30日

相続の届出について

相続の届出について
 農地法が改正され、平成21年12月15日以降に相続などで農地を取得した場合は、農業委員会への届出が必要となりました。相続などにより農地を取得した場合、農業委員会または県知事の許可を受ける必要がなく、取得した農地が耕作放棄地となるケースが見受けられるため、相続した農地を管轄する農業委員会への届出が義務付けられました。

産業建設部門 農林課
最終更新日:2013年10月30日

農地を貸借するには

農地を貸借するには

農地の貸し借りは、手続きを行いましょう
農業委員会の許可を受けない貸し借りは公的に保証されておらず、あとで紛争の種になります。
農業委員会では、利用権の設定で“安心のできる農地の貸し借り”を進めています。是非手続きして下さい。
詳しくは、永平寺町農業委員会(農林課内 61-3947)又はお近くの農業委員までお知らせください。               

産業建設部門 農林課
最終更新日:2013年10月30日

農地を転用するには

農地を転用するには
「農地の転用」とは、農地を農地以外のものにすることをいい、農地を自己使用の為に転用する際には、県知事の許可を受けるか、農業委員会への届出が」必要になります。また、転用を伴う農地の譲渡や売買にも県知事の許可または農業委員会への届出が必要になります。
農地法第4条申請

産業建設部門 農林課
最終更新日:2013年10月30日

農地を農地以外に転用するには

農地を農地以外に転用するには
 農地を農地以外のものにするときは、事前に転用などの手続きが必要です。
 転用計画がある場合には、事前にご相談ください。
 なお、農業委員会の各種手続きについては、永平寺町農林課(本庁)での取扱いとなります。
〈受付窓口〉 永平寺町農業委員会事務局(農林課内)61-3947

産業建設部門 農林課
最終更新日:2013年10月30日
永平寺町役場 本庁 〒910-1192 福井県吉田郡永平寺町松岡春日1丁目4番地(地図・アクセス) 代表番号 0776-61-1111/ファックス 0776-61-2434