最終更新日:2022年6月30日

ページID:011040

印刷

国民健康保険 限度額適用認定証について

国民健康保険 限度額適用認定証(医療費が高額になると予想されるとき)

  • 医療費が高額になることが事前に分かっている場合には、「限度額適用認定証」又は「限度額適用・標準負担限度額認定証」の申請をしておきましょう。認定証を医療機関に提示すれば、窓口での医療費の自己負担額は限度額までになります。
  • ただし、70歳以上の方で所得区分が『一般』又は『現役並み所得3)』の場合は、申請不要です。保険証を提示するだけで、窓口での医療費の自己負担額は限度額までになります。
  • 認定証は、原則国民健康保険税を完納している世帯にのみ発行いたします。申請時、国民健康保険税に未納があった場合は、未納分の納付が確認でき次第認定証を発行いたします。
  • 認定証の申請の際、印鑑・身分確認書類(運転免許証等の顔写真つきなら1点、保険証・年金手帳等の顔写真無しなら2点)・世帯主と認定証が必要な方のマイナンバーがわかるもの・委任状(別世帯の方が来庁する場合)が必要になります。
  • 認定証は、申請した月の1日から有効のものを発行いたします。遡っての発行は致しかねます。
  • ただし、世帯構成に変更が生じた場合は、申請した月の次月以降から有効のものが発行になる場合があります。

70歳未満の方の自己負担限度額(月額)

所得 ※1区分 3回目まで 4回目以降 ※2
901万円を超える 252,600円
+(医療費-842,000円)×1%
140,100円
600万円を超え
901万円以下
164,700円
+(医療費-558,000円)×1%
93,000円
210万円を超え
600万円以下
252,600円
+(医療費-267,000円)×1%
44,400円
210万円以下
(住民税非課税世帯を除く)
57,600円 44,400円
住民税非課税世帯 35,400円 24,600円

※1 所得とは、同一世帯の国保加入全員の基礎控除後の総所得金額を合算したものです。

※2 過去12ヶ月で、同一世帯での高額療養費が4回以上あった場合の4回目以降の限度額です。

70歳以上75歳未満の方の自己負担限度額(月額)

所得区分 外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)※
現役並み所得者3) 課税所得690万円超え 252,600円+(医療費-842,000円)×1%
(140,100円 ※)
現役並み所得者2) 課税所得380万円超え 164,700円+(医療費-558,000円)×1%
(93,000円 ※)
現役並み所得者1) 課税所得145万円超え 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
(44,400円 ※)
一般 課税所得145万円未満 18,000円
【年間上限144,400円】
57,600円
(44,400円 ※)
低所得者 2) 全員住民税が非課税 8,000円 24,600円
低所得者 1) 全員住民税が非課税で、
収入等から経費等を差し引き所得が0円
8,000円 15,000円

※ 過去12ヶ月で、同一世帯での高額療養費が4回以上あった場合の4回目以降の限度額です。

情報配信元

民生部門 住民税務課 住民窓口係

電話番号:0776-61-3945 
ファックス:0776-61-3464
メール:jumin@town.eiheiji.fukui.jp
このページの担当にお問い合わせをする(メールフォームへ)

このページに関するアンケート

ホームページの品質向上のため、ページのご感想をお聞かせください。

ご回答ありがとうございました。